NEWS お知らせ

こんな時どうする?インテリアの費用編

こんな時どうする?インテリアの費用編

インテリアコーディネートの費用

spacious living room with couch
こんにちは。
インテリアコーディネーター、インテリアデザイナーの虎岩です。

お問い合わせ頂き、よく聞かれるご質問の一つに「インテリアコーディネートの費用」があります。

更に踏み込みますとコーディネート料を除いた「リビング、ダイニングのインテリアコーディネート費用」です。
リビングダイニングをコーディネートした場合、家具やソファなど含めて幾らぐらいになるのか検討がつかない...とご質問いただきます。
これは一概に言えなく申し訳ないのですが、例として挙げてみます。

例えばソファ。

ソファにどの位、何を求めるのか。
肌触りなのか、大きさなのか、機能性なのか。

肌触りだとすれば革なのか布なのか。
革の方が費用が上がってきます。
「レザー」のグレードもピンキリです。
牛より馬の方が金額が上がってきますし、どこで肌触りを妥協するのか難しいです。

布であればベルベット調にされるのか本物のベルベットにこだわるのか。
それとも、さっくりとしたリネンの生地にされるのか。

本物や希少価値を求めると100万〜はかかります。

ですが私がご提案させて頂くソファの多いラインは8万〜50万です。
一番多い価格帯は座り心地や素材、色などご踏まえた上でカウチソファや3人掛けで20〜30万前後になります。

勿論ご提案させて頂いた後に、グレードを上げられるお客様もいらっしゃいます。
そしてソファではなく、照明にこだわりたい、ダイニングテーブルの木目にこだわりたい、という事もあります。
そうなるとソファはコストを抑えてご提案します。

費用の判断が難しいエレメント

contemporary bedroom with soft bed and blue pillows
お問い合わせの段階より、費用の変動がしやすいものの一つに「窓装飾」があります。

「窓装飾」とは、カーテンやブラインドなど窓周りになります。

なぜかと言いますと、カーテンの場合は生地によって作成する寸法で金額に差が出るからです。
よく、「普通の窓」と言われることがありますが「普通の窓」の定義が曖昧です。

カーテンは反物を繋ぎ合わせて縫製されます。
そのもとの反物の幅が150cmのものもあれば、300cmのものもあります。

そのことによって、
カーテンの完成寸法の高さが200cmなのか205cmなのか、幅も200cmと205cmなのか。

5cmですが、金額が大きく変わることもあります。

¥3,000の価格差の時もあれば、¥30,000の価格差の時もあります。

また、高さがある窓になると取り付け費用も発生します。
ですので簡単に費用の判断が難しくなっています。

特に開口が大きい窓になればなる程価格差が生じてきますので注意が必要です。

費用の目安として

light workplace with laptop in office
30畳ほどの広い部屋に、2人用のコンパクトなダイニングテーブルと一人がけのソファのみ設置になると、空間に対して余白が大きくなります。
少々寂しく、殺風景な空間になってしまいます。

家具は少ないままでも、壁を一部アクセントにされたり、ふかふかのラグを敷いてみたり。
空間に温かみが欲しくなります。
そうなっていくと、やはり30畳の空間と10畳の空間では同じ家具を置いたとしても壁紙の貼る面積やラグの大きさなど変わってきます。

30畳の壁はアクセントクロスが良いと思っても、10畳の部屋では小さなアートを飾るだけで十分かもしれません。
もしかしたら10畳の部屋には壁は何もしないで、小さなスツールに花瓶と小ぶりの植物を挿しても良いかもしれません。

ちなみに、我が家のリビングダイニング(20畳ほど)は、予算60万で整えました。
ソファ、TV台、ダイニング、シェルフ、窓装飾(バーチカルブラインド)、などです。
季節に合わせて、花瓶やラグ、クッション、小物は入れ替えています。

少しでも参考になれば嬉しいです。

インテリアのご相談&ご依頼お待ちしています。
お気軽にお問い合わせください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!


お知らせ一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

虎岩インテリアデザイン事務所へのご依頼・お問い合わせは、
以下のフォームよりお気軽にご連絡ください。